Google Colab:よく使うコードまとめ

Posted on October 22nd, 2021Updated on October 22nd, 2021
Google Colab:よく使うコードまとめ

どんな記事

忘れそうだけど、絶対にまた使うコードをまとめていきます。

Google ColabとGitHubの連携

シンプルな連携の場合。

Google ColabをGitHubに保存

Google ColabのファイルをGoogleドライブではなくGitHubで管理する場合。既存の機能でいける。

Git clone

開発をせず、GithubのPythonファイルを使うだけの場合。

GoogleColab
user_name = 'githubのユーザー名'
access_token = 'githubのアクセストークン'
!git clone https://{user_name}:{access_token}@github.com/yuya-tkhs/backtest.git

Googleドライブ内にPythonの開発環境を構築

MyDrive/Programming/github/に開発環境を作る。

Googleドライブをマウント

次の手順で、Googleドライブをマウントすることができる。特定のGoogle Colabでマウントしておくと、アクセスする度に自動的にマウントしてくれるようになる。

  1. Google Colabの左側にあるフォルダのアイコンをクリック
  2. 表示されるサイドバーの中にあるドライブのアイコンをクリック
  3. 認証系を許可する

Git Clone

backtestのローカルリポジトリがない場合に使う。

GoogleColab
%cd /content/drive/MyDrive/Programming/github/
user_name = 'githubのユーザー名'
access_token = 'githubのアクセストークン'
!git clone https://{user_name}:{access_token}@github.com/yuya-tkhs/backtest.git

GitHubの連携

このコードは、毎回、実行する必要がある。

GoogleColab
%cd /content/drive/MyDrive/Programming/github/backtest/

user_name = 'githubのユーザー名'
access_token = 'githubのアクセストークン'
!git remote set-url origin https://{user_name}:{access_token}@github.com/yuya-tkhs/backtest.git

git_email = 'gitのメールアドレス'
git_name = 'gitのユーザー名'
!git config --global user.email {git_email}
!git config --global user.name {git_name}

# 全体の設定
PROJECT_NAME = '分散投資 SinglePrice 1D 投資の魔術'
GITHUB_DIR = '/content/drive/MyDrive/Programming/github/backtest/'
BASE_DIR = f'{ GITHUB_DIR }{ PROJECT_NAME }/'

# フォルダの存在確認と作成
import os
os.makedirs( BASE_DIR ,exist_ok=True )

# notebookでリポジトリのpyをimportできるようにする
import sys
sys.path.append( GITHUB_DIR )
sys.path.append( BASE_DIR )

Git Push

以下は、すべてのファイルをコミットする場合。

GoogleColab
%cd /content/drive/MyDrive/Programming/github/backtest/
!git add .
!git commit -m "add strategy.py and plot.py"
!git push origin master

ファイルの作成

GoogleColab
%cd /content/drive/MyDrive/Programming/github/backtest/
!touch "spaced string"/analysis.py

モジュールのリロード

Jupyter Notebookの仕様で、一度importしたモジュールは再度importを行ってもファイルから読み込むことはせず、メモリ上のプログラムをそのまま再利用する。そのため、モジュールの内容を書き換えた場合、明示的にリロードする必要がある。

GoogleColab
import importlib
importlib.reload(module1)

データフレームを操作可能なテーブルとして表示する

GoogleColab
%load_ext google.colab.data_table

開発を承っています

  • Pineスクリプト(インジケーターやストラテジー)
  • Google Apps Script
  • Python
  • MQL4

などの開発を承っています。とくに投資関連が得意です。過去の事例は「実績ページ(不定期更新)」でご確認ください。ご相談は「お問い合わせ」からお願いします。

同じタグの記事
yuya takahashi

タカハシ / 9年目の兼業トレーダー

投資やプログラミング、動画コンテンツの撮影・制作・編集などが得意。元・日本料理の板前。更新のお知らせは、FacebookやLINE、Pinterest、Twitter、メールで行っています。LINEではご質問にもお答えしています。 このブログと筆者について

  • 記事をシェア

応援いただけますと励みになります!

ログイン不要、100円からのサポート

タカハシを応援する
© Investment Tech Hack 2021.