Python&Colab:EDINET 企業データの自動取得・スクリーニングを5分ではじめる

EDINETという金融庁が運用している企業情報の開示システムから、「PER、ROE、配当」などの財務データを取得してスクリーニングをする方法。

・無料で財務データが取得できる

・過去5年分の財務データが取得できる

・Google Colab を使えば5分で導入・実行できる(この記事のコードをコピペするだけ)

・全上場銘柄の財務データを取得する

この記事では触れませんが、ガッツリ活用すると、過去5年分のすべての上場企業の財務データを集めることができます。